【歯科医師監修】歯が痛くて眠れないときの対処法4選!原因も解説

皆さんこんにちは。
むかえ歯科・小児歯科です。

今回は、歯が痛くて眠れないときの対処法について解説していきます。
夜中にお口のトラブルがあると不安ですし、何より眠れないほどの痛みは心的負担も大きいでしょう。
歯科医院も空いていない時間だと、どうやって対処していいか分からない方も多いと思います。

そこでこの記事では、歯が痛くて眠れないときの対処法を4つ紹介します。
痛みの原因から分かりやすく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

監修者:迎 和生
総社市の歯科医院「むかえ歯科・小児歯科」院長、歯科医師。
地域に根ざし、子どもから大人までお口の健康をサポート。できる限り歯を残す治療や予防を手掛ける。

歯が痛くて眠れないときの対処法4選

さっそく、歯が痛くて眠れないときの対処法を解説していきます。
具体的には、下記4点です。

  1. 患部を冷やす
  2. 市販の痛み止めを飲む
  3. 痛みが治まるツボを押す
  4. 口内を清潔にする

それぞれの方法について、分かりやすく解説していきます。

【対処法1】患部を冷やす

1つ目の対処法は、患部を冷やすことです。
血流の流れが緩やかになり、痛みが緩和しやすくなります。

冷却シートを貼ったり、氷を巻いたタオルを当てたりすると良いでしょう。

【対処法2】市販の痛み止めを飲む

どうしても我慢できないなら、痛み止めを飲むのもひとつです。
ただし、効果が出るまでには時間がかかります。
そのため、即効性は期待できないでしょう。

【対処法3】痛みが治まるツボを押す

患部を冷やすものや痛み止めがない場合は、ツボを押しましょう。
合谷(ごうこく)と呼ばれる、親指と人差し指の間にあるツボを押すことで痛みを緩和させる効果が期待できます。

【対処法4】口内を清潔にする

口内を清潔にすることで、痛みが和らぐことがあります。
炎症を抑える効果が期待できるからです。
具体的には、歯磨きやうがいをして患部を清潔にしましょう

眠れなくなるほど歯が痛む3つの原因

眠れなくなるまで歯が痛くなると、原因も気になる方もいると思います。
主な要因は下記3点です。

  1. 虫歯
  2. 親知らず
  3. 三叉神経痛(さんさしんけいつう)

それぞれの原因について、解説していきます。

【歯が痛む原因1】虫歯

まず考えられる原因が虫歯です。
虫歯が進行すると、歯髄と呼ばれるところに炎症が起きます
痛みで眠れないほどの痛みは、神経まで症状が進行している状態が考えられます。

▼虫歯の段階について知りたい方はこちら
>>【早期治療がカギ】虫歯には段階がある?進行状況別に治療内容を紹介

【歯が痛む原因2】親知らず

親知らずは、智歯周囲炎(ちししゅういえん)によって痛むことがあります。
智歯周囲炎は、親知らずの周辺に起こる炎症のことです。

親知らずがまっすぐに生えてこないと、前の歯との間にすき間がでて、汚れが溜まりやすくなります。
その結果、細菌が増え炎症が起きてしまいます。

▼親知らずが痛む原因を知りたい方はこちら
>>【放置は危険】親知らずが痛い原因4選!抜歯すべき2つのパターンを紹介

【歯が痛む原因3】三叉神経痛(さんさしんけいつう)

虫歯や親知らず以外の原因には、三叉神経痛(さんさしんけいつう)の可能性があります。

顔の皮膚と、口の中の粘膜、歯と歯茎の感覚を司る神経が「三叉神経」です。
三叉神経痛は、顔面の表面を刺すような、あるいは電気が走るような、するどく激しい痛みを感じます。

朝になって歯の痛みが治まっても歯科医院へ

朝になって痛みが治まっても歯科医院へ行きましょう。
放っておくことで、さらに症状が悪化してしまうこともあるからです。

診断をしてもらい、早めに治療を受けるようにしましょう。
なお、再発しないように定期健診も心がけることが大切です。

歯が痛くて眠れないなら歯科医院へご相談ください

今回は、歯が痛くて眠れなくなるときの対処法を解説しました。
本記事で紹介したものは、あくまでも応急処置でしかありません。
そのため、痛みが治まっても早めに歯科医院で状態を診てもらいましょう

そのままにしておくことで、症状がさらに悪化してしまうことも考えられます。
眠れなくなるほどの痛みを感じたら、歯科医院へご相談ください。

※コラムをご覧いただいた方からのご連絡が増えており、治療が必要な方のお電話が繋がりにくくなっています。

当院での治療を検討していない患者様による、ご質問だけのお電話はお控えください。

タイトルとURLをコピーしました