前歯のインプラントはどんな場合にするべき?メリット・デメリットを解説!

歯のトラブルや事故により、前歯を失ってしまった場合にインプラントを考える方も多いですよね。他にも、歯科医から提案された方もいるとおもいます。

ですが、具体的にどんな治療法かわからず悩んでいる方もいるでしょう。大切な歯の治療なのでメリット・デメリットなどわかった上で行いたいですよね。

そこで、この記事では、

  • そもそもインプラントとは何か
  • 前歯のインプラントを考えるべきタイミング
  • メリット・デメリット
  • インプラントができないケース
  • 治療における注意点

などについて、ご紹介します。
ぜひ、参考にしてください!

そもそもインプラントとは

インプラントとは、医療目的で使用される体に埋め込むための、人工の材料や部品の総称です。心臓に入れるペースメーカーや、美容目的で入れるシリコンなどもインプラントの一種となります。

歯科医院で行われるインプラント治療とは、歯を失った箇所に人工の歯根を埋め込んで補う治療法です。

顎の骨に埋め込まれるインプラントの素材は、体に馴染みやすいチタン、もしくはチタン合金という金属が使用されています。

インプラント治療を考えるべき3つのタイミング

次に、インプラント治療を考えるべき3つのタイミングをご紹介します。

  1. 虫歯や歯周病で抜歯するとき
  2. 事故などにより歯を失ったとき
  3. 生まれつき歯が足りないとき

【タイミング1】虫歯や歯周病で抜歯するとき

虫歯や歯周病が原因で抜歯をせざるを得ない場合、インプラント治療で歯を補うことができます。

抜歯の理由として多いのが、歯周病と虫歯
治療を進めていて抜歯が必要と判断された場合には、インプラントを検討することも可能です。

インプラント治療をするには、基本的に虫歯や歯周病の治療を行い、歯や歯茎の状態を整えてから行います。

【タイミング2】事故などにより歯を失ったとき

事故など何らかの形で歯に力が加わり、折れたり抜けたりしてしまったとき、抜歯が必要なこともあります。その場合も同様に、インプラント治療で歯を補うことが可能です。

▼インプラントの期間について詳しく解説▼
>>インプラントの治療期間の目安は?施術の流れも分かりやすく解説!

【タイミング3】生まれつき歯が足りないとき

乳歯が抜けたあと永久歯が生えてこなかった場合に、インプラントで補うことが可能です。この場合、矯正治療を併用することがほとんどです。

ただし、子どものうちはインプラント治療ができません。顎の成長が止まるまで待つ必要があります。

▼インプラントの年齢について詳しく解説▼
>>インプラントに年齢制限はあるの?高齢で治療する際のリスクも解説

前歯のインプラントをする4つのメリット

それでは、ここからは前歯のインプラント治療に絞ってご説明します。
まずは、前歯のインプラントをする4つのメリットをご紹介します。

  1. しっかり噛むことができる
  2. 発音しやすくなる
  3. 健康な歯を削る必要がない
  4. 自然な見た目になる

【メリット1】しっかり噛むことができる

インプラントは、歯を失ったときに行う治療の中で、最も咀嚼力が天然の歯に近いと言われている治療です。

というのも、インプラントは人工歯根を埋め込むので、根のある歯と同じような使用感になります。インプラント素材のチタンは、時間と共に土台の骨とくっつくので、ぐらつきが少ないのです。

そのため、元の歯と同じような感覚で、固いものでも前歯で気にせず噛めるようになり、残っている健康な歯への負担を少なくすることができます。

【メリット2】発音しやすくなる

前歯のインプラントをすることにより、発音がしやすくなるというメリットもあります。

というのも、前歯がないと空気が抜けて、うまく発音ができない場合があるのです。とくに「さ行」や「な行」は前歯がないと発音しにくくなります。

また、入れ歯であると、会話中にずれたり外れたりすることもあるので、うまく話せないこともあります。

インプラントなら外れることも無いですし、発音もしやすくなるのです。

【メリット3】健康な歯を削る必要がない

前歯を失ってしまった場合に、インプラント治療以外にも、ブリッジで歯を補うことができます。

ですが、ブリッジで歯を補う場合には左右の歯を削る必要があります。これにより負担がかかり寿命が縮まるリスクも。

インプラント治療であれば、左右の歯を削る必要がありません。

【メリット4】自然な見た目になる

前歯は見た目の印象を大きく左右する場所。
インプラント治療であれば自然な見た目にできるというメリットがあります。

インプラント治療は、人工の歯根を体に埋め込みその上に被せ物をするので、ほとんどの場合金属が見えません。

そのため、自然な見た目にすることが可能です。被せ物を変色の心配が少ないオールセラミックにすると、綺麗な歯にすることができます。

特に、会話中や笑ったときに見える前歯を、自然な見た目にできるのは嬉しいメリットですね。

前歯のインプラントをする3つのデメリット

前歯のインプラントはメリットだけではありません。
ここでは逆に、3つのデメリットをご紹介します。

  1. 治療にかかる費用が高め
  2. 歯科医の技術によって仕上がりが変わる
  3. 定期的なメンテナンスが必要

【デメリット1】治療にかかる費用が高め

インプラントの素材に使用されているチタンは高価な金属なので、治療費が高くなってしまいます。

また、病気や怪我の場合を除き、保険が適用されないので、全額自己負担となるのです。

インプラントをすることによるメリットは多いものの、高額な費用がかかるのはデメリットですね。
なお、当院の場合1本35万円いただいております。骨造成が必要な場合はさらに追加で費用が必要となります。

【デメリット2】歯科医の技術によって仕上がりが変わる

前歯のインプラントは、見た目が重要視されますよね。
特に、上の前歯は顔の印象を大きく左右する大切な場所ですが、上顎は下顎と比べて骨量が少ないので、インプラントの難易度が上がります。

インプラントを良好なポジションに埋め込めないと、完成したときの見た目に違和感が出ることも。

また、前歯のインプラントにより歯茎が痩せる場合があります。
笑った時に上の前歯の歯茎が見える人は、人工歯とインプラントの結合部分が見えるリスクがあることを理解しておきましょう。

土台をセラミックにすることで、結合部分が目立ちづらくなることもできるので、治療前に、よく歯科医と相談をして、信頼できる歯科医院で行いましょう。

【デメリット3】定期的なメンテナンスが必要

インプラント治療は、定期的なメンテナンスが必要です。

メンテナンスを怠るとお口の状態が悪化し、インプラントの寿命も短くなってしまいます。特に、インプラント後は治療前以上に、丁寧なメンテナンスが必要です。

普段の状態から定期メンテナンスをおすすめいたしますが、インプラント治療をした患者様はさらに注意しなければなりません。

前歯のインプラントができない3つのケース

状況によっては、前歯のインプラントができないケースがあります。
具体的な3つのケースをご紹介します。

  1. 顎の骨が不足している
  2. 子どもや妊婦
  3. 歯周病など口腔内に問題がある

【ケース1】顎の骨が不足している

骨が元々脆い場合や、骨量が少ない場合には、インプラント治療ができないことがあります。

インプラントは顎の骨に埋め込むので、骨が脆いとうまく固定できない可能性があるのです。
無理やり埋め込めても、結果として折れたり抜け落ちたりすることがあります。

【ケース2】子どもや妊婦

基本的にインプラント治療は、成人が対象になります。

子どもの場合、成長と共に顎の骨も動くにつれ、インプラントがずれる可能性があるので治療できません。

また、インプラント後に服用する薬がお腹の中に悪影響を及ぼす場合もあります。そのため、妊娠中の方も治療はできません。

▼インプラントができる年齢について詳しく解説▼
>>インプラントに年齢制限はあるの?高齢で治療する際のリスクも解説

【ケース3】歯周病など口内に問題がある

歯周病など、口腔内にトラブルがある場合には、インプラント治療ができない場合があります。

歯周病の原因となる歯周病菌が、インプラントの周りの粘膜に感染して、インプラント周囲炎になる可能性があるからです。

インプラントを入れたい場合は、先に歯周病の治療を終わらせる必要があります。

前歯のインプラントをする際の注意点

次に、前歯のインプラントをする際の注意点をご紹介します。

インプラント治療をする前には、歯科医師に相談が必要なケースがあります。というのも、インプラント治療には、手術中に合併症や偶発症を引き起こしたり、骨結合や治癒を妨げたりするリスクファクターがあるのです。

リスクファクターとは、疾患を発生させる危険性を高める可能性がある要素のこと。
簡単に言うと、病気の危険因子です。

具体的には、

  • 糖尿病
  • 骨粗鬆症
  • 喫煙

には、インプラントが打てるかどうかというリスクがあります。

これらには、骨結合を妨げたり、インプラント周囲炎を引き起こす可能性があるので、歯科医とよく相談しましょう。

また、心疾患には手術自体のリスクがあります。
このような病気を持っている場合は、歯科医師とよく相談してください。

前歯のインプラントの費用

前歯のインプラント治療の費用についてですが、当院では、1本35万円です。
骨の造成が必要な場合は規模にもよりますが、1本あたり追加で5万円程度の費用が必要となります。

まずは気軽に歯科医院へ

様々な歯のトラブルにより、抜歯が必要なときに、インプラント治療により補うことが可能です。
特に、前歯を失った場合は早く自然な見た目にしたいと思うかたも多いでしょう。

インプラントには、

  • しっかり噛むことができる
  • 発音しやすくなる
  • 健康な歯を削る必要がない
  • 自然な見た目になる

というメリットがあります。一方で高額な上に、状況により治療できなかったり、ほかの疾患を持っているとリスクが上がったりするのがデメリットです。

前歯は、歯科医によっても仕上がりの満足度が変わるので、これからインプラント治療を考えている方は、まずは気軽に歯科医院で相談をして、納得してから治療を受けてくださいね。

※コラムをご覧いただいた方からのご連絡が増えており、治療が必要な方のお電話が繋がりにくくなっています。

当院での治療を検討していない患者様による、ご質問だけのお電話はお控えください。

タイトルとURLをコピーしました