シーラントって何?治療の内容や虫歯予防になる理由を解説

シーラントって虫歯予防になるらしいんだけど、一体どんなことをするの?と疑問に思ったことがある方も多いのではないでしょうか。

そんな方に向けて、この記事ではシーラントについて気になる以下のポイントを紹介

  • シーラントとは何か
  • シーラントの治療内容
  • メリット・デメリット

詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

監修者:迎 和生
総社市の歯科医院「むかえ歯科・小児歯科」院長、歯科医師。
地域に根ざし、子どもから大人までお口の健康をサポート。できる限り歯を残す治療や予防を手掛ける。

シーラントとは?虫歯予防になるの?

シーラントは虫歯の予防治療です。奥歯の溝の部分を、レジンを始めとしたプラスチック樹脂で埋めることで、奥歯の溝に汚れが着くのを防ぎます。

奥歯は歯ブラシが届きにくく、虫歯になりやすい場所。埋めてしまうことでそもそも汚れが溜まりにくくなり、虫歯になってしまうのを防ぎます。

また、シーラントにはフッ素が含まれており、副次的な効果で歯質の表面を強化する効果も見込めます。

治療をする場所は、主に生えて間もない6歳臼歯や乳歯の奥歯。生えたばかりの歯は表面が未成熟で弱いです。

唾液中のカルシウムなどを吸収して強くなっていくので、その過程で虫歯にならないようにシーラントを施します。

シーラントは保険適用なので、どなたも治療を受けられます。

シーラントの治療の内容を解説

シーラント治療は以下の流れで行います。

  1. 歯を清掃
  2. 薬品をつける
  3. シーラント剤を流し込み固める

詳しく解説していきます。

【シーラント治療の内容1】歯を清掃

まず、歯の清掃を行い、歯の表面や歯と歯の間等の汚れを丁寧に落としていきます。ここでは、歯科医院専用の機械を使って行います。

シーラントとしてプラスチック樹脂を流し込むので、その下に汚れが残っていると返って虫歯の原因になることも。虫歯を防ぐためにもきれいに清掃していきます。

【シーラント治療の内容2】薬品をつける

歯にシーラント剤がしっかり接着するように、酸処理として薬品をつけていきます。

その後、薬品を水できれいに洗い流し、一度しっかりと乾かします。

【シーラント治療の内容3】シーラント剤を流し込み固める

シーラント剤を歯の溝に流し込み、光を当てて固めます。固まったら、咬み合わせのチェックを行い、問題なければ、治療終了です。

治療後は、歯表面のデコボコしていた溝が埋まり、ツルツルしている状態に。汚れが溝にはまりにくくなる上に、歯磨きで汚れも落ちやすくなります。

シーラントの2つのメリット

シーラント治療のメリットを紹介します。注目すべきは以下の2つ。

  • 虫歯になる可能性を減らせる
  • 歯を削らなくて済む

詳しく解説します。

【メリット1】虫歯になる可能性を減らせる

シーラント治療は虫歯になる可能性を減らすことができます

奥歯の溝は、汚れがたまりやすい場所。特に、生えたての歯は未成熟で溝も深いので、ケアをしないと虫歯になりやすいのです。

さらに、生えたての歯は柔らかいこともあり、虫歯の進行が早いというところも懸念点です。

シーラントを施せば溝が埋まるので、虫歯になる可能性を減らすことができます。

【メリット2】歯を削らなくて済む

シーラント治療をすると、歯を削らなくて済むことが多いです。

虫歯が悪化してしまうと、歯を削ることになってしまうことがほとんど。歯科医院で治療する際のキーンという音が嫌な人も多いですよね。

虫歯になって苦しい思いをしない為にも、シーラント治療で予防し、歯を削らないようにしたいですね。
シーラント治療自体にも歯を削る作業はないので、不安な気持ちを緩和して治療を受けることができます。

シーラントの2つのデメリット

シーラント治療にはデメリットもあります。注意すべきは以下の2つ。

  • 定期検診に行く必要がある
  • シーラントが取れてしまうことがある

詳しく解説していきます。

【デメリット1】定期検診に行く必要がある

シーラント治療をした後は定期検診に行く必要があります。

シーラントした部分の歯の表面は見えにくく、虫歯になってしまうと発見が遅くなってしまうこともあります。予防目的でシーラントをしたのに、逆に虫歯になっては意味がありませんよね。

定期検診には必ず行くようにしましょう。

【デメリット2】シーラントが取れてしまうことがある

シーラントは取れてしまうこともあります。

通常の詰め物であれば、取れにくいように歯を削って形を整えることが多いです。

しかし、シーラント治療は樹脂を流して固めているだけなので、通常の詰め物より取れやすくなっています。

取れてしまった場合は、もう一度治療することもできますので、早めに歯科医院を受診しましょう。

【後悔しないように】シーラントをしても歯磨きはしっかりしよう

シーラント治療をしても、歯磨きはしっかり行うようにしましょう。シーラントでは奥歯の溝を埋めるだけで、虫歯になるのを完璧に防ぐようにするわけではありません。

大切なのは、歯垢をしっかりと取り除き、溜めないようにすることです。シーラントをしても歯磨きをせずに口の中が不潔な状態なら、その歯は虫歯になります。

普段から子ども対して、正しいブラッシングの指導をしましょう。仕上げ磨きをしてあげるのも良いですね。

▼歯磨きのタイミングについて詳しく解説▼
>>歯磨きするタイミングはいつがいい?お口の健康を保つブラッシングの習慣とは

気になることがあれば歯科医院に相談しましょう

この記事では、シーラントについて気になる以下の部分を紹介しました。

  • シーラントとは何か
  • シーラント治療の流れ
  • シーラントのメリット・デメリット

シーラントを使うと奥歯の汚れが溜まりにくくなるため、生え変わりの弱い歯を守る効果が見込めます。しかし、シーラントで虫歯になる確率をゼロにできるわけではありません。普段から、正しいやり方で歯磨きをしていきましょう。

シーラント治療や正しい歯磨きの仕方など、何か気になることがあれば、当院の小児歯科にご相談ください。

※コラムをご覧いただいた方からのご連絡が増えており、治療が必要な方のお電話が繋がりにくくなっています。

当院での治療を検討していない患者様による、ご質問だけのお電話はお控えください。

タイトルとURLをコピーしました