【歯科医師が解説】歯ぎしりの原因4選!放置しておく5つのリスクも紹介

皆さんこんにちは。
むかえ歯科・小児歯科です。

今回は歯ぎしりの原因について解説していきます。

家族やパートナーに指摘され、初めて自分が歯ぎしりをしていることに気づいた方も多いのではないでしょうか。自覚がないため、おどろいた方も多いでしょう。

そこでこの章では、歯ぎしりの原因を4つ紹介していきます。その他にも、放置するリスクや具体的な対処法も合わせて解説していきます。

放っておくと、最悪の場合歯を失ってしまうことになります。歯ぎしりで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

監修者:迎 和生
総社市の歯科医院「むかえ歯科・小児歯科」院長、歯科医師。
地域に根ざし、子どもから大人までお口の健康をサポート。できる限り歯を残す治療や予防を手掛ける。

歯ぎしりの原因4選

歯ぎしりの原因は、主に下記4つといわれています。

  1. ストレス
  2. 食いしばりの習慣化
  3. 嚙み合わせが悪い
  4. 子どもの成長期によるもの

それぞれの要因について、詳しく解説していきましょう。

【原因1】ストレス

歯ぎしりの原因の大多数がストレスです。そのため、ストレスを解消することで症状が緩和する場合もあります。

悩みは溜め込まず、誰かに相談したり、趣味に打ち込んだりしてリフレッシュしましょう。

【原因2】食いしばりの習慣化

食いしばりが癖になってしまうと、歯ぎしりを行う可能性があります。特にスポーツ選手や力仕事など、瞬間的に力を発揮する職業についていると習慣化してしまいやすいです。

【原因3】噛み合わせが悪い

噛み合わせの異常や顎の変位が原因で、歯ぎしりをしてしまうこともあります。

治療後の詰め物が歯に合っていない場合も考えられるでしょう。使用するにつれて詰め物も劣化するため、最初は噛み合わせがあっていても徐々にズレてくることもありえます。

【原因4】子どもの成長期によるもの

子どもの成長期によって起こる場合もあります。永久歯と乳歯の入れ替え時期におこる不快感などから、歯ぎしりにつながることもあります。

この場合は、成長に伴って自然に歯ぎしりがおさまることもありえます。

歯ぎしりの3つの種類

歯ぎしりとひとことでまとめても、さまざまな種類があります。
この章では、下記3つの歯ぎしりについて解説していきましょう。

  1. グラインディング
  2. クレンチング
  3. タッピング

概要などをひとつずつ紹介します。

【歯ぎしりの種類1】グラインディング

グラインディングは、歯をギリギリと横にすり合わせる歯ぎしりです。キリキリと音がするため、周囲の人に指摘されて気づくケースが多いです。

歯を滑らせて横にこすり合わせているのでダメージも大きく、徐々にすり減っていきます。

【歯ぎしりの種類2】クレンチング

クレンチングは、音を立てず強く噛み締める歯ぎしりです。食いしばるという言い方をした方がイメージしやすいかもしれません。

日中も無意識のうちに行っていることがあり、自覚しにくいことが特徴です。クレンチングをしていると頬の筋肉に力が入り、固く膨らんで見えることもあります。

【歯ぎしりの種類3】タッピング

タッピングは、上下の歯をカチカチと噛み合わせるタイプです。グラインディングやクレンチングのような、強い力は加わりません。

寒くて震えているときのように、小さな音が出るのが特徴です。

歯ぎしりを放置しておくリスク5選

歯ぎしりを放置しておくことで、さらなる問題につながる可能性があります。
主に下記5点です。

  1. 歯がすり減る・欠損する
  2. 歯周病が進行する
  3. 顎にダメージを与える
  4. 肩こりや頭痛になる
  5. インプラントや被せ物に悪影響を及ぼす

それぞれのリスクについて、詳しく解説していきます。

【リスク1】歯がすり減る・欠損する

歯がすり減ったり、欠損したりするリスクがあります。歯ぎしりは、自分の体重の2倍〜5倍の力がかかるといわれているからです。

また、歯がすり減ることで知覚過敏につながる場合もあります。

放置することで歯を失うことにもなりますので、早めの対処が必要です。

【リスク2】歯周病が進行する

歯ぎしりを放置することで、歯周病が進行してしまう場合もあります。大きな力が持続的にかかり、歯茎に負担がかかるためです。

なお歯周病を放っておくと、最悪の場合は歯が抜け落ちることもあります。歯茎が腫れていたり出血していたりしているのは、歯周病の初期症状です。早めに歯科医院で行き、治療を受けましょう。

▼歯周病の治療について知りたい方はこちら▼
>>歯周病ははやめの治療が大切!初期症状や3つの予防法も解説

▼自分の歯を健康に保ちたい方はこちら▼
>>30代でも入れ歯になる可能性はある!4つの原因と治療方法を紹介

【リスク3】顎にダメージを与える

歯ぎしりは顎にダメージを与える行為です。そのため、下記の症状を引き起こす場合があります。

  • 顎関節痛:あごや頭、顔が痛む
  • 開口障害:口が指1~2本分しか開かない
  • 関節雑音:耳の前でカクカク、ガサガサする音がする

これらの症状を放っておくと、食事や会話の妨げになります。普段の生活にも悪影響を及ぼすことがあります。

【リスク4】肩こりや頭痛になる

肩こりや頭痛を引き起こす場合もあります。歯ぎしりをすると、口元の筋肉につながっている首や肩まわり、こめかみなどの筋肉にも炎症が起きやすくなるためです。

【リスク5】インプラントや被せ物に悪影響を及ぼす

インプラントや被せ物をしている場合、欠けたり割れたりしてしまうリスクがあります。場合によっては、痛みを伴うこともあるでしょう。

最悪の場合、インプラントが抜けてしまうこともあります。再度埋め直す必要があるため、治療費が余計にかかってしまいます。

▼インプラントを長持ちさせる方法を知りたい方はこちら▼
>>【10年以上使うために】インプラントを長持ちさせる方法や寿命を縮める原因を解説!

歯ぎしりの対処法3選

歯ぎしりは放置してしまうと、大きなリスクがあることが分かっていただけたと思います。しかし、どうしたら良いのか分からない方も多いでしょう。

そこでこの章では、具体的な改善方法を解説していきます。
具体的には、下記3点です。

  1. 睡眠の質を改善する
  2. 普段生活から歯ぎしり・食いしばりを控える
  3. 頬の筋肉をもみほぐす

それぞれの方法について、詳しく紹介します。

【対処法1】睡眠の質を改善する

睡眠の質を改善するようにしましょう。歯ぎしりは睡眠が浅いときに起こるといわれているからです。

例えば、下記の行動は睡眠の質を改善する効果が期待できます。

  • 飲酒・喫煙の頻度を減らす
  • ストレスを解消する
  • 寝る前にストレッチをする

歯ぎしりを改善したいなら、睡眠の質を改めていきましょう。

【対処法2】普段生活から歯ぎしり・食いしばりを控える

日中無意識に歯ぎしりをおこなっている場合は、普段からしないように注意しましょう。意識することで、改善につながります。

家族や友人などに協力してもらい、歯ぎしりをしているときは指摘してもらうのも1つの方法です。

無意識にしてしまうものなので最初は大変かもしれませんが、少しずつ改善をこころみましょう。

【対処法3】頬の筋肉をもみほぐす

歯ぎしりで顎の筋肉がこわばる場合は、マッサージすると良いでしょう。顎関節症の予防効果もあるといわれています。

しかし、マッサージは歯ぎしりを抑止するものではありません。あくまでも、凝りかたまった筋肉の痛みをとるための方法と覚えておきましょう。

歯ぎしりの治療は歯科医院で行いましょう

歯ぎしりの治療は、歯科医院で行いましょう。ナイトガードと呼ばれるマウスピースを作ってもらうことで、歯や顎へのダメージを軽減していきます。ギリギリとした、不快な音の抑制にもつながるでしょう。

ナイトガードは市販のものもありますが、歯医者で作ってもらう方が良いです。歯科医院のものは患者さんのお口に合わせて型取りを行うため、自分の口に合ったマウスピースを作ってもらえます。

歯ぎしりでお悩みの方は歯科医院へご相談ください

今回は歯ぎしりの原因についてお話しました。大半はストレスですが、癖や噛み合わせの悪さが要因の場合もあります。

歯ぎしりを放置することはリスクも多く、そのままにしておくとお口の健康を損なってしまいます。早めに歯医者へ行き、歯の状況を確認してもらったり、自分専用のマウスピースを作ってもらったりしましょう。

歯ぎしりでお悩みの際は、ぜひお近くの歯科医院へご相談ください。

※コラムをご覧いただいた方からのご連絡が増えており、治療が必要な方のお電話が繋がりにくくなっています。
当院での治療を検討していない患者様による、ご質問だけのお電話はお控えください。

タイトルとURLをコピーしました