怖いイメージのあるインプラント手術の流れや実際の痛みを解説

「インプラントってやってみたいけどなんか怖そう・・・」と思っている方も多いのではないでしょうか。

実際のところ、インプラントは想像しているよりも痛みや腫れが少なかったとおっしゃる患者様も多いです。ただ、外科手術で口の骨の中にインプラント体を埋め込むと聞くと、ちょっと怖いですよね。

治療後にどれくらいの痛みや腫れが出るのかも、気になるところです。

今回は、怖いというイメージのあるインプラント手術の以下のポイントを解説しています。

  • 怖いと思ってしまう理由
  • 手術の流れ
  • 実際に痛みや腫れはあるのか

詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

インプラントが怖いと思ってしまう3つの理由

インプラントを怖いと思ってしまう理由を紹介します。
主な理由は以下の3つ。

  1. 手術が痛そう
  2. 治療後に痛みがありそう
  3. 歯医者自体が怖い

それぞれ解説します。

【理由1】手術が痛そう

インプラント手術が痛そうで怖いというイメージを持っている方が多いです。

インプラント手術では骨に穴を開けて、インプラント体を埋め込みます。歯茎を切り、ドリルを使って骨に穴を開けると聞くと、ちょっと怖いですよね。

ただし、手術では麻酔を使うので痛みを感じません。

【理由2】治療後に痛みがありそう

治療後に腫れたり痛んだりしてしまうのかと、不安に感じる人も多いです。

親知らずや虫歯の治療の際には、治療後に痛むことが多いですよね。手術をするとなると、それ以上に痛むのかなと考えてしまう方も多いですよね。

ただ、治療後に痛みや腫れはほとんど出ません。親知らずの抜歯より腫れないことが多いので、経験している方は痛みが想像できるでしょう。

【理由3】歯医者自体が怖い

歯医者自体が怖くて、インプラントしたいけど歯科医院に来られない方もいます。

幼少期の虫歯治療などの際に、すごく嫌な思いをして、歯医者へのトラウマがある方も多いです。

不安のある方は、治療をせずにカウンセリングだけを受けることも可能なので、検討してみてください。

【やることを知って怖さを緩和】インプラント手術の流れ

インプラント手術の流れを紹介します。
実際の流れは以下の通り。

  1. カウンセリング
  2. X線・CTで事前に検査
  3. 手術
  4. 被せ物の作成・装着
  5. メンテナンス

実際の流れを知ることで、怖さを緩和できるので、詳しくみていきましょう。

【手術の流れ1】カウンセリング

まず、カウンセリングを行います。
歯科医院で、どのように手術を進めていくのか、医師から丁寧に説明を受けます。

このタイミングで不安点を何でも相談しましょう。不安であれば、何度でもカウンセリングを受けることができます。

【手術の流れ2】X線・CTで事前に検査

カウンセリングを受けたら、X線・CTで事前に検査を行い、手術を受けても問題ないか確認します。

歯茎に炎症があるなど、歯に何か異常がある場合は、事前に治療を行う必要があります。

【手術の流れ3】手術

日程を調整し、手術を行います。
直前にも検査を行い、体調が悪かったり、血圧などが高くなっていたりする場合は、延期も検討します。

体調が万全でない場合は、手術を行いませんのでご安心ください。

【手術の流れ4】被せ物の作成・装着

手術後1ヵ月半~3ヵ月ほどして、インプラント体が骨とうまく結合したら、被せ物を作成します。
被せ物が完成するまでの期間は、10日〜2週間。その後、歯科医院で歯に装着します。噛み合わせに問題がなければ、装着して日常生活を送っていきます。

【手術の流れ5】メンテナンス

インプラントを装着したら、3ヶ月に1回ほどのペースでメンテナンスに通います。

普段の生活の中で、食べ物を噛んだり、歯ぎしりをしたりすると、少しずつインプラントに負荷がかかります。インプラントに異常が起きる可能性もあるので、必ずメンテナンスに行くようにしましょう。

怖いイメージを払拭!インプラントの不安を解決

  • 手術が痛そう
  • 治療後に痛みがありそう
  • 歯医者自体が怖い

これらの不安を解消するために、実際のインプラント手術の影響や不安解消法を紹介します。紹介するのは以下の3つ。

  1. 手術中の痛みはほとんどない
  2. 手術後の痛みは2〜3日
  3. 歯科医院が怖いならカウンセリングだけでも大丈夫

それぞれ解説します。

【怖いイメージ解消1】手術中の痛みはほとんどない

インプラント手術の際は、ほとんど痛みがありません。
理由は以下の3つ。

  1. 麻酔があるから手術時に痛みはない
  2. 鋭利な器具で穴を開けるので、負担が少なく痛みが少ない
  3. 歯茎をあまり切らない治療方法もある

詳しく見ていきましょう。

麻酔があるから手術時に痛みはない

手術時は麻酔が効いているので、痛みはありません
麻酔を注射するときの針や液体で多少痛みが出ることがあります。ただし、麻酔が効いてくると痛みは感じなくなります。

また、静脈内鎮静法で治療を行うこともあります。こちらは、リラックス効果や健忘効果が高い静脈に直接注射する方法です。
ほろ酔いやうたた寝のような気持ちになり、気づいたら手術が終わっているような麻酔なので、不安の強い方は検討しても良いでしょう。

ただし、専門の設備が必要なため、当院では静脈内鎮静法を取り扱っておりません。

鋭利な器具で穴を開けるので、術後の負担が少なく痛みが少ない

手術器具は鋭利なため、骨に開ける穴は小さくて済み、術後の痛みも少ないです。もちろん、骨に穴を開ける手術中は麻酔も効いていて痛みはほとんどありません。

歯に負担をかける親知らずの抜歯より、痛みが少ないことも多いです。

歯茎をあまり切らない治療方法もある

歯茎をあまり切開・剥離せずに、小さな穴を開けてインプラント手術を行う「フラップレス」という方法もあります。
骨の量が足りないとできないこともあるので、気になる方は歯科医院で相談してみましょう。

【怖いイメージ解消2】手術後の痛みは2〜3日

手術後2〜3日は麻酔が切れると、切った歯茎にチクチクする痛みが出ることがあります。この痛みは通常、数日で引くものです。

多少腫れてしまうこともありますが、大規模な骨移植を伴わない場合は、親知らずの抜歯より腫れないことが多いですね。腫れてしまった場合は、抗生物質や鎮痛剤を飲んで安静にしましょう。

もちろん個人差はありますので、強い痛みがある場合は歯科医院で相談するようにしてください。

【怖いイメージ解消3】歯科医院が怖いならカウンセリングだけでも大丈夫

歯科医院が怖いのであれば、治療をせず、カウンセリングのみで歯科医院へ行ってみましょう。歯科医院にトラウマがある方は、「また痛いことをされる」というイメージがある方が多いですよね。

何回かカウンセリングを受け、まずは歯医者自体に慣れましょう。慣れてきてから、手術に関する検査を進めていくと良いですね。

インプラントが怖いという不安が取れないなら実績の多い歯科医院へ相談しよう

手術が怖いという不安がなかなか取れないのであれば、インプラント手術の実績が多い歯科医院へ相談してみましょう。

HPなどに実績を載せているところは、何度もインプラント手術を行なっており、様々な患者さんを治療してきています。どんな悩みにも相談に乗ってくれますので、安心するまで何度でも相談してみましょう。

インプラントしたいけど怖いイメージが取れないなら歯科医院で相談しよう

この記事では、インプラント手術が怖いと感じているあなたに向けて、以下のポイントを解説しました。

  • 怖いと思ってしまう理由
  • 手術の流れ
  • 実際に痛みや腫れはあるのか

痛みや腫れなどは多少ありますが、不安に思うほどではありません。丁寧にカウンセリングも行うので、不安を解消してから手術を行います。

また、当院ではインプラントの専門家医を呼んで治療を行います。事前に不安な点があればなんでも相談可能ですので、お気軽にお越しください。

※コラムをご覧いただいた方からのご連絡が増えており、治療が必要な方のお電話が繋がりにくくなっています。

当院での治療を検討していない患者様による、ご質問だけのお電話はお控えください。

タイトルとURLをコピーしました